auひかりの基礎知識

auひかりは動的IPだが「固定IP」でも運用可能!その仕組みや方法を解説!

  • auひかりは動的IPアドレスか、固定IPアドレスか知りたい
  • auひかりを固定IPアドレスで運用する方法を知りたい

などなど、auひかりの固定IPアドレスに関して疑問をお持ちの方も多いと思います。

IPアドレスは「動的(変動)IPアドレス」と「固定IPアドレス」の2つに分けることができますが、auひかりは「動的(変動)IPアドレス」です。

しかしauひかりは「半固定IPアドレス(無料)」又は「固定IPアドレス(有料)」として運用することができます。

ひかり博士
ひかり博士
この記事では、半固定IPアドレスの仕組みをはじめ、auひかりを固定IPアドレス、そして半固定IPアドレスで運用する方法をお伝えしていきます。

【まずは仕組みを理解しよう!】auひかりは固定IPアドレスではない「変動IPアドレス」!

冒頭でもお話しましたが、auひかりは「固定IPアドレス」ではなく「動的(変動)IPアドレス」を採用しています。

動的IPアドレスの特徴はプロバイダと接続するたびにIPアドレスが変わってしまうというデメリットがあります。

例えばホームゲートウェイの接続を切ったり、パソコンをショットダウンするとIPアドレスは自動的に変わります。住所に例えると何度も引っ越しを繰り返すことのようです。

一方固定IPアドレスは、何度接続してもプロバイダから同じIPアドレスが発行されます。よって世界で1つだけの自分だけの住所を持っているというメリットがあります。

ひかり博士
ひかり博士
そんなIPアドレスが動的型のauひかりですが、固定してIPを運用することはできるのでしょうか?次章より設定方法をご紹介していきます。

auひかりを固定IPアドレスで運用する3つの設定方法はコレ!

運用方法 こんな方におすすめ 詳細を見る
①オプション加入する auひかりを契約しながら絶対に固定IPを利用したい 詳細はこちら
②他社光回線を利用する auひかりの乗り換えを検討し、固定IPを利用したい 詳細はこちら
③半固定IPで運用する どっちでもいい 詳細はこちら

仕事の都合上固定IPアドレスを「絶対に利用したい人」と「プライベートで利用するからどちらでもいい」といった方に分かれると思います。

こちらでは、動的(変動)IPアドレスから固定IPアドレスへ設定変更する方法や、半固定IPで運用する方法についてご紹介していきます。

①:auひかりの固定IPアドレスはのオプションに加入で運用する!ただし法人のみ…

項目 料金
IPアドレス取得代行手数料 IPv4アドレス 6,000円
ドメイン名取得代行手数料 (JPドメイン名のみ) 6,000円
ドメイン名変更手数料 (属性型JPドメイン名のみ) 30,000円
ドメイン名移転手数料 (JPドメイン名のみ) 30,000円
ドメイン名維持管理料 (JPドメイン名のみ) 3,600円/年額
ドメイン名指定事業者変更手数料 (JPドメイン名のみ) 3,000円

調べてみた結果、上記表のような「auひかり ビジネス」といった法人向けに固定IPアドレスのサービスを展開しています。

しかし個人向けの固定IPアドレスに関しては「サービスを行っていない」とのことです。

ひかり博士
ひかり博士
もしあなたが個人の方で固定IPアドレスを利用したい場合は、次章でご紹介するサービスを参考にして下さい。

①:auひかり以外の他社光回線の固定IPアドレスサービスで運用する

光回線名 固定IPオプションの有無 固定IPアドレスの料金 詳細を見る

フレッツ光

個人あり 無料~3,740円
プロバイダにより異なる
詳細はこちら

ドコモ光

個人あり 1,100円~
プロバイダにより異なる
詳細はこちら

NURO光

法人のみ ~4,743円 詳細はこちら

auひかり

法人のみ 6,000円 詳細はこちら

ソフトバンク光

特になし

BIGLOBE光

特になし

auひかりは法人のみ固定IPアドレスのサービスを展開しているとお伝えしましたが、個人の方でも固定IPアドレスを運用できるのか調べてみました。

調べてみた結果、ドコモ光とフレッツ光とフレッツ光の2社が固定IPアドレスを使用できることが分かりました。

ひかり博士
ひかり博士
個人の方は、フレッツ光・ドコモ光を利用できます。反対に法人の方はauひかり、NURO光を検討してもいいでしょう。

③:auひかりをデフォルトの半固定IPアドレスで運用する


一般的にIPアドレスが変わるタイミングは、パソコンをシャットダウンしたり、ホームゲートウェイの接続を切ると変わりますが、auひかりはどうやら変わらない…といった声がネット上で話題になっています。

半固定IPアドレスとは、私が作った造語ですが「auひかりは動的IPアドレスだが、ほぼIPアドレスが固定ですよー」という意味を含んでいます(笑)

ひかり博士
ひかり博士
ただし半固定IPアドレスというのは、不確定要素が強いので、「動的や固定どちらでも気にしない」といった方におすすめで

auひかりの半固定IPアドレスで運用しているネット上の口コミ・評判!

auひかりの半固定IPアドレスで運用しているネット上のポジティブ~ネガティブな口コミをご紹介していきます。

auひかりの半固定IPアドレスで運用しているネット上のネガティブな口コミ・評判

auひかりの半固定IPアドレスで運用しているネット上のポジティブな口コミ・評判

auひかりの固定IPアドレスに関する口コミ・評判

ひかり博士
ひかり博士
ネット上のauひかりの半固定IPアドレスで運用している人の声を調べてみた結果、ポジティブなコメントを多く見つけることができました。

ネガティブな声では「ホームゲートウェイの設定したらIPが変わった」「固定IPを取得できないのがクソ」といったコメントを見つけることができました。

反対にポジティブな声では「年くらいIP変割らない」「ホームゲートウェイを取り替えない限りほぼ固定」といったコメントを数多く見つけることができませした。

まとめると、auひかりは「ほぼ固定IPアドレス」ということで利用している方も多いという事が分かりました!

【まとめ】固定IPアドレスを絶対に運用したい!そんな方はauひかりはおすすめしない…

いかがだったでしょうか?今回こちらの記事では、auひかりを固定IPアドレスで運用する3つの方法をはじめ、半固定IPアドレスで運用している方の利用者の声をまとめてみました。

結果的に、固定IPアドレスを絶対に運用したい!という個人の方には、auひかりはおすすめできませんが、法人の方はオプションを利用下さい。

個人の方はauひかりではない「フレッツ光・ドコモ光」の個人プランを検討してみるとよいでしょう!